FC2ブログ

サンタ・フリアナ聖堂・回廊

                                    2013年6月11日


 
 サンタ・フリアナ聖堂の回廊は僧院の左手奥が入口で有料である。ロマネスクに関心のある者なら、回廊は見学しなければならない。私も聖堂から回廊に入る。
 池田健二著[スペイン・ロマネスクへの旅」によれば、 サンタ・フリアナの歴史は9世紀にさかのぼるようだ。カンタブリア海沿岸に近い地理上の位置から見て、地域に本格的なイスラムの支配はなかったとみられる。現存する聖堂建築は12世紀中頃から後半にかけてのもの。回廊建築はやや遅れて12世紀末から13世紀初頭に建設された。
 回廊の柱頭彫刻については、同じく池田本の解説を借りよう。
「49の柱頭に刻まれた浮彫は植物文様が主体で、その造形は豪放磊落である。パルメット唐草、動物唐草、蔓草文様、編籠文様。どの浮彫りを見ても鑿さばきは大胆であり、何の迷いもない。」
「柱頭のなかには説話的な浮彫りを刻むものもある。義人の魂を悪魔から守る天使たち、天使と共に竜と戦う戦士、ライオンと戦うサムソン、貴婦人に忠誠を誓う騎士、十字架降下、獅子の穴のダニエル。植物文様の柱頭のなかに点在するこれらの説話的な柱頭でも、彫刻家の自由闊達な仕事ぶりは変わらない。末期を迎えた芸術は美の根源にある生命を失いがちなものであるが、この回廊の柱頭にはその気配がまったくない。」
 文中の「末期を迎えた芸術」とはロマネスク芸術のこと。ここの回廊彫刻には末期の芸術が持つ繊細さと生命力がたしかに同居している。しかも49の柱頭彫刻のすべてがオリジナルとみられ、オリジナル彫刻がもつ悩ましい問題、すなわち摩耗・風化が進みレプリカに置き換えた方がいいのではないかという点を免れているところも立派である。
 


                   軒下持ち送り彫刻 ⑦   

2d1-.jpg


                    軒下持ち送り彫刻 ⑧   

2d8-.jpg


                    軒下持ち送り彫刻 ⑨  

2d3-.jpg


聖堂のロマネスク窓 多くのロマネスク窓がこのように左右2本の支柱とアーキヴォルトに囲まれている。 

2d6-.jpg


                 ロマネスク窓周辺の柱頭彫刻 ③   

2d2-.jpg


            柱頭彫刻ではないが、これもロマネスク窓周辺の彫刻。   

2d7-.jpg


   聖堂壁面にあった紋章彫刻  僧院(修道会)の紋章では(?)。 

2d4-.jpg


                 ここからは回廊内部の彫刻。   

2d9-.jpg


                   回廊内部の怪鳥の彫刻   

2d10-.jpg


          角のコーナーの天井彫刻   

2d23-.jpg


  回廊内部に置かれた彫刻 本来ここにあったものではなく、何処かにあったものが展示されているという印象を受けた。

2d24-.jpg


回廊はほぼ正方形の内庭3面(1面は失われている)に49本の柱頭彫刻をもつ大ぶりな支柱が並んでいる。   

2d20-.jpg


                 回廊彫刻 ①   

2d11-.jpg


                 回廊彫刻 ②   

2d13-.jpg


                 回廊彫刻 ③   

2d14-.jpg


                 回廊彫刻 ④   

2d15-.jpg


                  回廊彫刻 ⑤  

2d16-.jpg


                  回廊彫刻 ⑥   

2d17-.jpg


                  回廊彫刻 ⑦   

2d18-.jpg


                  回廊彫刻 ⑧  

2d19-.jpg


                   回廊彫刻 ⑨   

2d21-.jpg



          
  「近頃読んだ本」 2 

   上野千鶴子 著 「ひとりの午後に」    

朝刊を定期購読しなくなって5年以上になる。新聞の字が読めないわけではないが疲れる。それと毎日知るべきニュースがあるわけではないのに、毎日定量のニュースを届けられるシステムに、情報管理されている弊害も感じていたのが新聞をやめた理由だ。ただ土曜日だけは朝刊を一紙コンビニで買う。週間のテレビ番組表が掲載されているため。その昔、テレビの普及を「一億総白痴化」と言ったのは大宅映子の父・評論家大宅壮一だ。少年の私は過激なことを言うなと思ったものだが、大企業が広告を打つかたちで資金を提供している民放のニュース番組は情報操作の最たるものだ。その点、視聴料を払っているNHK、代金を払って買う新聞はまだいいか。
 その新聞には書評欄もあるし人生相談欄もある。「人生相談」の回答者は美輪明宏、上野千鶴子など多彩。とくにジェンダー学者・上野女史の回答はもつれた状況を外科医のように切り分け、あるべき方向を示す。その方向は「独立自存」か、福沢諭吉のようだが。ご自分では「お一人様評論家」と世間は言っているとか。その人のエッセイ集。率直に自己を語っているので、いい本です。ただ、文章がいいかどうかは不明。もともと論文を書いて来た人、論文、判決文、報告書などは曖昧な表現を避け、明快で論理的な表現が不可欠。自分を語るために、より具体的に書き込んだ結果、読み手が想像力を働かす範囲が狭くなっている気も少しする。





スポンサーサイト



サンティジャーナ・デル・マル/サンタ・フリアナ聖堂

                                     2013年6月11日


 
 今日と明日は、足にマメが出来ていたこともあり、10キロ以内の歩行にし、予定していた目的地にはたどり着くというスタイル。それはラレドからサンティジャーナ・デル・マルなのだが、まずバスでラレドからサンタンデルへ。
 サンタンデルのバス駅から鉄道駅は近い。そこで鉄道駅へ移動し、サンティジャーナに近い鉄道駅の切符を買い乗車した。だが、これはほぼ同時刻に別方向に向かう便に乗ったらしい。乗ってしばらくすると、近くにいた中年の女性が、巡礼者風の私の格好を見て、サンティジャーナ方面へ行くのならこの便ではない、次の駅で降りて反対側のホームの次の列車に乗るように教えてくれる。
 サンタンデルの鉄道駅はFEVEだったか、第3セクターで運営する小さな駅。プラットホームも少ないのだが、同じホームの反対側の列車に乗ったらしい。だが隣にいた女性の機転で、遠くの見知らぬ場所に連れて行かれるかたちは避けられ、35分ほど待って、サンティジャーナの南4キロにあるプエンテ・デ・サンミゲル駅で下りる。この駅のことは前もって知っていたわけではなく、切符を買うとき窓口の駅員さんに教えてもらったのだが、下車してとくに迷うことなくサンティジャーナにたどり着けた。巡礼路ではないのだが、大きな車道があり道案内がある。
 サンタ・フリアナ聖堂の近くの巡礼宿も一昨年泊っているので、すんなりベッドを確保し、撮影時間を十分に取ることができた。
 今日の歩行距離は7,8キロで、足の休息にもなったし、聖堂と回廊という2つのロマネスクが合体したサンタ・フリアナにもう一度魅せられた気がした。
 私にとってスペインの魅力的なロマネスク・ベスト10を選ぶならここは入る。2020年以降、いまのところフランス・スペインに旅行できていないが、それまでの10年間、サンティジャーナ・デル・マルには5,6回は来ている、かなりの偏執者か。
 ただ、それは日本からかなり遠いというだけの話で、古寺が好きで奈良に、町の雰囲気が好きで由布院に10年間に5,6回というのと、とくに変わりはないと思っている。



  サンタ・フリアナ聖堂 千年以上前からあると思われる広場の奥に前庭を持った僧院がある。 

1n77-.jpg


前庭への入口の両側にはライオン(おそらく)が額を掲げている。 おそらく額の中の人物は聖フリアナと思われる。聖フリアナは小アジアの二コメディアでディオクレティアヌス帝の迫害で殉教した少女とのこと。(池田健二著「スペイン・ロマネスクへの旅」182~183ページ) 

1n78-.jpg


                ライオン像(向かって右手)   

1n86-.jpg


                ライオン像(向かって左手)    

1n87-.jpg


  ファザード扉口周辺部は、全体として前へ迫り出し、柱頭彫刻はあるがアーキヴォルト彫刻はない。扉口上部の壁面に風化が進んでいるがイエスと十二使徒の質の良い彫刻がある。 

1n80-.jpg


          扉口上部の壁面に中央にあるイエスと天使像。   

1n81-.jpg


                  十二使徒像(一部)   

1n82-.jpg


                十二使徒像(一部)   

1n83-.jpg


                ファザード扉口の柱頭彫刻(正面)   

1n84-.jpg


               ファザード扉口の柱頭彫刻(左・入口側)   

1n85-.jpg


               聖堂の軒下持ち送り彫刻 ①  

1n88-.jpg


                  軒下持ち送り彫刻 ②   

1n89-.jpg


                  軒下持ち送り彫刻 ③   

1n90-.jpg


                  軒下持ち送り彫刻 ④  

1n92-.jpg


                  軒下持ち送り彫刻 ⑤   

1n95-.jpg


                  軒下持ち送り彫刻 ⑥  

1n96-.jpg


                ロマネスク窓周辺の柱頭彫刻 ①   

1n93-.jpg


                 ロマネスク窓周辺の柱頭彫刻 ②  

1n94-.jpg


  町の北側の丘から聖堂の裏手を見る。 町の北の外れにあるため牧場が近い。 

1n79-.jpg




               

ラレド まで

                                  2013年6月10日


 
 カストロ・ウルディアレスの巡礼宿は町の西の外れにある、長い砂浜の海水浴場が途切れる辺りだ。一昨年この辺りは歩いているのだが、カストロ・ウルディアレスには泊まらず14,5キロ先のエル・ポンタロンという小さな村の無人の巡礼宿に泊った。その時は私にしてはめずらしくグループ行動で、40歳ぐらいのフランス人カップル、20代後半のベルギー青年、それに私の4人組。フィクサー役は話好きで少年らしさを残すベルギー青年。私はゲルニカからビルバオに行く途中で知り合った。母親が北スペインの出身とかでスペイン語が堪能、少年の頃、父親の仕事の関係で1年ほど香港に居て関西に旅したこともあるというのも、彼が私に関心をもつ理由だったかもしれない。フランス人カップルとはビルバオで巡礼宿を探すとき行動を共にし始めた。 
 2011年当時、まだビルバオには巡礼宿は少なかった。私はその前年書店でもとめた「北の道」巡礼路の地図帳を持参していたのだが、ベルギー青年・ハビエルはその地図を参考に、インフォでバス路線を聞きだし、フランス人カップルと私をビルバオの南郊外にある巡礼宿に案内してくれた。
 翌日も、ハビエルをガイド役にビルバオの町を迂回するかたちでポルトゥガレテに行き、さらに小さな海水浴場のあるポベーニャの巡礼宿に泊った。途中、道に迷いそうなときはハビエルがスペイン語で通りがかりの人に道を聞くというパターン。 
 そんなわけで、その時はカストロ・ウルディアレスではみんなでレストランに入り昼食を摂って、エル・ポンタロンまで歩いた。
 今年は、出発地がカストロ・ウルディアレスなのでエル・ポンタロンを通過しラレドまで歩いたのだが、歩行距離は30キロ超。
 この頃72歳、まだ脚力の低下はみられず足は大丈夫だったのだが、皮膚はそれなりに柔軟性を失っていたらしく、早速マメが出来てしまった。まだ、スペインに来たばかりなので、今後2日は余り歩かないことに。
 カストロ・ウルディアレスからラレドの巡礼路の道筋は、初め山間部の丘陵地帯を歩き、後半海岸地帯に下り、最後、ラレド背後の丘の上にたどり着くというかたちだった。
  ラレド旧市街に下りたところで、巡礼宿のことを通りがかりの人に聞くと、そこだとすぐ近くを教えてくれる。私の持っていた巡礼路地図にある公営の巡礼宿とは違うようだが、閉まっている扉の前の呼び鈴を押すと、しばらくして内に入れてくれた。
 巡礼宿という町の人の案内だったが、基本は女子修道院の営むカトリック系の宿泊施設。私の相手をしてくれたやや高齢の尼僧が責任者のようだ。ドアをすぐ明けなかったのは二階の窓から宿泊希望者の品定めをしていた感あり。スタッフは少数の尼僧のようだ。2人1室で、部屋数は確認しなかったが多くても10室か、すると最大宿泊者20人、当然人数の多い男性巡礼者のグループは敬遠されるだろう。私の同室者はあとから来た一人旅の男性巡礼者だったが、二階から見ていると巡礼者が呼び鈴を押してもドアを開けないケースが何回かあった。それが満室のためかよくわからなかったが。
 巡礼宿は宿泊者を選ばない開放的なものだ、こんなところはめずらしい。その代り館内は静かで清潔。そして、普通の母子連れの宿泊者もいた。
 足の調子が今一つなので、ラレドでは、旧市街の中にある町の聖堂を訪ね、少し海岸に出た程度。一昨年4人組で歩いた4キロ以上ある長い砂浜海岸は散歩する気にならなかった。



カストロ・ウルディアレスから数キロ、丘の牧場にいたロバ。 日本ではロバは動物園か観光牧場にしかいないので、普通にいるとそれだけでカメラを向けてしまう。    

1n59-.jpg


 エル・ポンタロンの辺りだったか。 一帯には大きな別荘地があり、海水浴やマリン・スポーツが盛ん。日本では全然知られていないが。 

1n60-.jpg


  ラレドの東数キロにある公園。 普通の公園ではなく森林公園。国道沿いにある小さな公園だが、昔から自生する草木類が植えられ管理小屋も。スペインでも開発により自然林が失われているらしい。 

1n61-.jpg


 東側の丘の上から見るラレドの町と海岸。 近年のラレドは大きな海水浴場に集まる夏の観光客・避暑客が町を活気づかせているようだ。 

1n62-.jpg


          旧市街は町の東側、巡礼路でたどり着いた丘から急斜面を降りたところにある。

1n63-.jpg


            上の画像でも判別できる旧市街にある修道院(?)。   

1n75-.jpg


 急斜面なので旧市街に降りてくるのは階段だった。 この地区でも、2011年ごろ巡礼者をあてにしたレストランも。 

1n64-.jpg


  町のゴシック聖堂。 
階段の上にあるのは聖堂本体ではなく、ポーチ(ポルタイユ)。 

1n65-.jpg


  広いポーチ(ポルタイユ)、ここだけでも鑑賞にたえる。 創建期より後の増設か。 

1n66-.jpg
 

  町の聖堂、サンタ・マリア・デ・ラ・アスンシオンの表示。 ナショナル・モニュメントとある。  

1n67-.jpg


                    聖堂内部へ入る扉口。   

1n68-.jpg


  聖堂内部はゴシックらしく、束ね柱と尖頭アーチが交差する空間で構成されている。   

1n69-.jpg


   カンタブリア海沿岸は、ヨーロッパのみならず世界へ雄飛した船乗りたちの故郷。ここは沿岸だが、やや内陸部にも聖堂内に帆船が。   

1n70-.jpg


   聖堂内柱頭彫刻 ① 多くは彩色彫刻だったのだが、なぜかこれには彩色の跡がない。 

1n71-.jpg


                聖堂内柱頭彫刻 ②  彩色の跡が。 

1n72-.jpg


              聖堂内柱頭彫刻 ③  これにも彩色の跡が。 

1n73-.jpg


         聖堂内柱頭彫刻 ④  これにも彩色の跡が。③④は彫像も興味深い。 

1n74-.jpg


 簡易サッカー場があるような、横に長いだけでなく縦にも長い砂浜海岸。おそらく波打ち際や潮間帯に小動物がいるのだろう。カモメも多い。   

1n76-.jpg







 

カストロ・ウルディアレス

                                  2013年6月11日

 
 
 カストロ・ウルディアレスが今年の事実上の出発地。サンティアゴ巡礼者としてここから歩き出すのだが、ゴシックの魅力的な聖堂もあるし、大きな海水浴場もある。わけても港の風景は美しい。
 はじめてこの港町に来たのは一昨年だが、港の奥、インフォのある公園の辺りから見る港の風景の美しさに驚愕した。
 地上にこんな美しい港町があるのかという感じ。美しい自然は多い、しかし、港が築かれそれなりの建物がある町で、ここまで美しいとは。北スペインのカンタブリア海沿岸に美しい港町は多い、サン・セバスティアン、ラレド、サンタンデル、サン・ビセンテ・デ・ラ・バルケラなどなど、その中でもカストロ・ウルディアレスは別格だった。(あくまでも私にとってだが)
 実は先月まで、カストロ・ウルディアレスの港の写真を自宅の玄関に額に入れて飾っていた。今は七歳の孫娘が描いた絵と取りかえたが。
2011年から年月を経て、カストロ・ウルディアレスへの私の偏愛はいささか収まったが、その由来するところは港に(港の先端に)中世の建造物が集中しているところにあった気がする。
 そんな愛着のある町から歩き始めようというわけだが、到着した日は天気が悪かった。一昨年の陽の降り注ぐ港の風景は望むべくもなかったが、それでも港の、それも海に近いところに建つサンタ・マリア・デ・ラ・アスンシオン聖堂の画像をそれなりの数撮影した。



  カストロ・ウルディアレスの市街地の西にある海(潮だまり)。 さらに西にある長い砂浜(海水浴場)と市街地の間にあったと思う。奥に見える洞窟の先は海に通じており、潮の干満で水位が変わる。波の無い海水のプールという感じで、下に降りて泳ぐことができる。 

1b45-.jpg


                サンタ・マリア・デ・ラ・アスンシオン聖堂   


1b46-.jpg


 サンタ・マリア聖堂ファザード扉口付近。 彫刻は扉口周辺より、中間の壁にある飾り軒さらに上の軒下に多い。 

1b49-.jpg


  扉口の上の壁にある飾り軒下の彫刻たち。 外海から20メートル位しか離れていないため、彫刻の風化はすすんでいる。 

1b50-.jpg


               聖堂の外壁・軒下の彫刻 1   

1b47-.jpg


                聖堂の外壁・軒下の彫刻 2   

1b48-.jpg


                聖堂の外壁・軒下の彫刻 3   

1b51-.jpg


                聖堂の外壁・軒下の彫刻 4   

1b52-.jpg


                 聖堂の外壁・軒下の彫刻 5  

1b53-.jpg


                 聖堂の外壁・軒下の彫刻 6

1b54-.jpg


                 聖堂の外壁・軒下の彫刻 7   

1b55-.jpg


                  聖堂の外壁・軒下の彫刻 8   

1b56-.jpg


   聖堂のフライング・バットレス (ゴシック建築の特徴) 右下にはガーゴイルも。

1b57-.jpg



           聖堂の隣に立つサンタ・アナ城 (12世紀)   

1b58-.jpg


  港の全景 (2011年撮影) サンタ・アナ城には燈台が。右手が港の入口 。





               
  「近頃読んだ本」 1 

   梨本 香歩 著 「ぐるりのこと」    

以前「資料」として、ロマネスク関係の書籍を紹介していたことがあった。多くの方にとっては既知の本だったかもしれないが。ただそれでは真面目すぎて、いまいち面白くない。考えてみると、いつも周辺には何冊か本が転がっている、多くは図書館から借りてきた本だが。
 スペインの旅ともロマネスクとも何の関係のない本ばかりだが、私も誰かが奨める本を読んで、読む本を増やしてきた。そんな一助になればと思って、毎回ではないがこんなコーナーを作る。
 以前、著者の「家守綺譚」を読んだ。この著者ならではの世界、魅かれた。熱心な読者とはいえないが、ときどき読む。「エストニア紀行」はいまいち面白くなかった。著者は真面目なお人柄らしい。半年くらい間をおいて、今回、「ぐるりのこと」。そんなタイトルの映画があったので、それとの関連を想像して本を手にしたのだがそれとは無関係の「ぐるりのこと」だった。
 著者の「ものを見る眼」に共感できるとてもいい本である。「エストニア紀行」も私がちゃんと読まなかったのかもしれないな、という気にさせられた。「小見出し」のタイトルもいい。むのたけじ、西郷隆盛への言及も共感できる。

 




 






ブルゴスの美術館と城址

                                       2013年6月8日


 
 この記事も広い意味でブルゴスの大聖堂周辺なのだが、大聖堂前広場を離れアルランソン川を渡って市中に出たところにバス・ターミナルがあり、その近くにブルゴス美術館がある。
 名前からするとブルゴスを代表する美術館にも見えるが、そんな大きなものではない。こじんまりした古い建物に古代から近代までの美術品(遺物?)が展示されている。有名でないこともあり、いつも見学者は少なく、町中で静かに過ごしたいときは格好の場所である。
 日本とヨーロッパでは美術館の意味が違う。スペイン語=ムセオ、英語=ミュージアムは日本語の美術館と博物館の二つの意味を兼ねている。ここブルゴス美術館にも考古学的遺物と言っていいものもあるし、パリのルーブル美術館にもエジプトやメソポタミアの遺物・遺品が大量にある。
 まあ考えてみれば、作者名の記載があるかないか、作者が単数か複数かぐらいの違いで、ひとがこの世に残したものという意味では同じ、芸術性などというのは主観の問題だろう。
 そんなわけで、ブルゴス美術館でもロマネスク彫刻にこだわらず展示品を鑑賞して、北スペインの悠久の歴史に思いを馳せた。
 美術館を出たあと大聖堂前へ引き返すと、これから結婚式をを挙げようとしている人々に出会う。私は一人、北のブルゴス城址のある丘へ。ブルゴス城は修復された城砦と城壁の一部を残すのみ。もっとも、城郭の中心部には何か残っているのかもしれない。その中心部は、夕方ということもあり門扉が閉じて内部の様子はうかがえなかったが、ちゃんとした城郭が残っていないのは確か。
 しかし、眺望は抜群で、城址の散策と町の景色を眺めるために、もっと多くの観光客が訪れていい気がする。



              ブルゴス美術館  ロマネスク彫刻 ①   

1b25-.jpg


           ロマネスク彫刻 ② わかりにくいように造ってあるが交合図か。 

1b26-.jpg


                  ロマネスク彫刻 ③   

1b27-.jpg


                  ロマネスク彫刻 ④   

1b28-.jpg


        磔刑像(?)、イエスか(?)。 ゴシック期~ 

1b29-.jpg


        これもイエスの首か(?) ゴシック期~ 

1b30-.jpg


 戦士の石板(前1世紀ごろ) 制作期から見てローマの戦士か。イベリア半島でローマの進出に激しく抵抗したケルティべリア人の最後の抵抗戦「ヌマンティアの戦い」(前143~前133)から、かなり経過している。 

1b31-.jpg


 大魚の石板 制作期は上のものと同じだったと思う。魚に詳しい人が見れば魚種がわかると思うが。 

1b32-.jpg


  渦巻き文様の石板  1~2世紀ごろの制作とあったが、文様の由来はローマではなくケルトまたはその流れを継ぐケルティべリア人のもの。文様は西ゴート、プレ・ロマネスクと継承された。 

1b33-.jpg


  これも紀元後間もなくの制作とあったが、ケルティべリア人(ケルト人とイベリア人の混血)のものではなかろうか。   

1b34-.jpg


           結婚式風景 ヨーロッパの一般人の結婚式は手造りである。 

1b35-.jpg


  ブルゴス城址  この辺りはナポレオン戦争(スペイン独立戦争)のころ、大きな戦闘のあったところ。無傷の城壁は修復の結果(?)。 

1b36-.jpg


                  城跡から見る大聖堂と市街。   

1b39-.jpg


 城への道にある石彫 ①  丘の下から上にある城に行くには何本かの蛇行する道がある。片側は土塁が築かれ石の壁になっている。日本の城にもよくあるスタイルだが、そこに石の彫刻が。古いのかそうでないのか、わからないが。 

1b37-.jpg


                城への道にある石彫 ②    

1b40-.jpg


                城への道にある石彫 ③    

1b41-.jpg



                城への道にある石彫 ④    

1b42-.jpg



                   

プロフィール

翁岳(おきなだけ)

Author:翁岳(おきなだけ)
若い頃、1970年から数年間屋久島の山に登っていた。現在はリタイアの年金生活者。ここのところ、毎年、主にスペインを巡り、ロマネスクの彫刻・建築を見ることを楽しみにしている。趣味:テニス、陶芸、ヨガ、素潜り。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR